平山温泉 || 温泉ガイド

平山温泉は山鹿の奥座敷とも呼ばれる山間部に位置する、村で皮膚病が流行った際に大明神に祈りを捧げたところ温泉が湧き、その湯に浸かると皮ふ病がよくなったという伝説の残る1200年以上の歴史を誇る温泉。
硫黄分が強くぬるりとした肌ざわりが特徴の湯は、加藤清正があせもを治したとも伝えられるなど古くから皮膚病に効能があるといわれている。


名称 平山温泉 / ひらやま
周辺の宿・旅館
平山温泉の温泉宿:一覧

泉質単純硫黄泉など

効能神経痛、リウマチ、アトピーなど

アクセスJR瀬高駅から車で40分

九州道南関ICから国道443号、県道195号経由20km

エリア玉名・山鹿・菊池   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!