日奈久温泉 || 温泉ガイド

日奈久温泉は天草を望む八代海の海岸沿いに位置する、約600年前に浜田六郎が父の刀傷を癒そうと神に祈りお告げによって温泉を発見したと伝えられる、江戸時代には肥後細川藩の藩営温泉として栄えた由緒ある温泉。周りには希少な木造3階建てや、土蔵造りの家々と石畳が見られる。
周辺には温泉街のシンボルである「憩いの広場」があり、1930(昭和5)年にこの温泉地を訪れた種田山頭火の句碑や足湯、からくり燈篭などがある。


名称 日奈久温泉 / ひなぐ
周辺の宿・旅館
日奈久温泉の温泉宿:一覧

泉質弱アルカリ性単純温泉

効能神経痛、リウマチ、創傷など

アクセス肥薩おれんじ鉄道日奈久温泉駅下車

南九州道日奈久ICから国道3号経由1km

エリア八代・水俣・湯の児   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!