関金温泉 || 温泉ガイド

関金温泉は国道313号沿いに位置する、約1250年前に僧・行基が鶴が入浴しているところを発見したと伝えられる、湯の美しさから「白金の湯」の異名を持つ高濃度のラジウム泉を誇る山間の静かな温泉。
春は「亀井公園」に群生する約6万本のミツバツツジ、夏はホタルや花火大会、秋は江戸時代から執行されている「御幸行列」、冬は雪景色やウインタースポーツなど一年を通して楽しめる。


名称 関金温泉 / せきがね
周辺の宿・旅館
関金温泉の温泉宿:一覧

泉質単純弱放射能泉

効能神経痛、筋肉痛、運動麻痺など

アクセスJR倉吉駅から日交バスまたは日ノ丸バス乗り換え大河原・関金温泉行きで35分、バス停:関金温泉下車、徒歩5分

米子道蒜山ICから国道482号・313号経由23km

エリアとっとり梨の花温泉郷   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 東郷温泉はわい温泉三朝温泉
温泉Q & A ピックアップ!