長門湯本温泉 || 温泉ガイド

長門湯本温泉は願い事が叶うという伝説のある音信川沿いに位置する、昔ながらの温泉情緒が漂う古湯。江戸時代には長州藩の藩主も湯治に訪れ、今も湯治場として地元の人々に親しまれている。
音信川の両岸は自然石を配した遊歩道になっており、途中のゆけむり広場では足湯が楽しめる。また5月下旬から6月中旬ごろまでは川面に飛び交う源氏ボタルを観賞できる。


名称 長門湯本温泉 / ながとゆもと
周辺の宿・旅館
長門湯本温泉の温泉宿:一覧

泉質アルカリ性単純温泉

効能神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進など

アクセスJR長門湯本駅から徒歩5分

中国道美祢ICから国道435号・316号経由28km

温泉Q & A ピックアップ!