天城湯ケ島温泉 || 温泉ガイド

天城湯ヶ島温泉は天城峠の登り口、本谷川と猫越川が合流するあたりの渓流沿いに位置する、古くから北原白秋をはじめ多くの文人墨客に愛された天城連山に囲まれた山あいの静かな温泉。川端康成が「伊豆の踊子」を執筆し、同小説の舞台にもなったことでも知られる。
周辺には日本の滝百選にも選ばれた高さ27m、幅7m、滝壺の深さ15mにもおよぶ伊豆随一の名瀑「浄蓮の滝」があり、豪快に飛沫をあげるその美しい姿は迫力満点である。また名物いのしし鍋やワサビが味わえる。


名称 天城湯ケ島温泉 / あまぎゆがしま
周辺の宿・旅館
天城湯ケ島温泉の温泉宿:一覧

泉質硫酸塩泉

効能神経痛、リウマチ、慢性皮ふ病

アクセス伊豆箱根鉄道修善寺駅から東海バス湯ヶ島温泉行きでバス停:湯ヶ島温泉口まで30分、バス停:湯ヶ島温泉まで34分

東名高速沼津ICから国道1号・136号・414号経由34km

エリア中伊豆   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!