山代温泉(加賀温泉郷) || 温泉ガイド

山代温泉は約1300年前に高僧行基が涌き出る泉で傷を癒すカラスを見たのが始まりとされ、それ以来「カラスの湯」と呼び親しまれた加賀温泉郷の中で最も規模の大きい温泉。粋人であり芸術家の北大路魯山人が愛し多くの作品を残したことでも知られる。
北大路魯山人が大正4年から翌年にかけて半年間滞在した寓居跡は現在「いろは草庵」という名前で観光名所となっている。また打木赤皮甘栗カボチャや金沢一本太ネギなどの加賀野菜が味わえる。


名称 山代温泉(加賀温泉郷) / やましろ
周辺の宿・旅館
山代温泉(加賀温泉郷)の温泉宿:一覧

泉質ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉

効能リウマチ、婦人病、皮ふ病など

アクセスJR加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで11分、バス停:山代温泉東口下車

北陸道加賀ICから国道8号・364号、県道151号経由7km

エリア加賀温泉郷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!