渋温泉(湯田中) || 温泉ガイド

渋温泉は夜間瀬川支流の横湯川沿いに位置する、1300年ほど前に僧・行基が発見したと伝えられる湯田中渋温泉郷の一つで山ノ内町では湯田中温泉と並ぶ名湯。古くから湯治場として栄え、江戸時代には葛飾北斎、小林一茶など歴史上の人物も多く訪れている。
石畳沿いには大正から昭和初期に建てられた2層、3層の凝った木造建築が建ち並ぶ。また9つの外湯を巡り苦(九)を洗い流すという「厄除け巡浴外湯めぐり」が楽しめる。


名称 渋温泉(湯田中) / しぶ
周辺の宿・旅館
渋温泉(湯田中)の温泉宿:一覧

泉質塩化物泉、単純温泉など

効能リウマチ・肝臓病・火傷

アクセス長野電鉄湯田中駅からバス5分

上信越道信州中野ICから13km20分

エリア湯田中渋温泉郷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!