塩の道温泉(白馬) || 温泉ガイド

塩の道温泉は白馬三山の麓に広がる白馬村に位置する、戦国時代に上杉謙信も宿敵・武田信玄に塩を送るために利用した塩の道「千国街道」が通じていたことで知られる信州有数のリゾート温泉。フォッサマグマによって2500万年もの長い間封じ込められていた太古の湯は空気に触れて褐色になるという。有効成分が多いことから水虫やアトピーで悩む人から肌がきれいになると評判が高い。
「ガーデンの湯」「倉下の湯」「岩岳の湯」「エコーランドの湯」の4つの共同浴場があり、さまざまな露天風呂が楽しめる。


名称 塩の道温泉(白馬) / しおのみち
周辺の宿・旅館
塩の道温泉(白馬)の温泉宿:一覧

泉質ナトリウム塩化物泉・炭酸水素塩泉

効能やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病など

アクセス中央自動車道経由岡谷JCTから長野自動車道長野方面へ~豊科IC~国道147号線

JR中央線、大糸線で白馬駅下車

エリア白馬・小谷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!