湯之谷温泉郷 || 温泉ガイド

湯之谷温泉郷は福島県との県境の山間部に位置する、越後三山と呼ばれる八海山、駒ガ岳、中ノ岳の雄姿を望む温泉。奥只見に至る山間部に湧く個性豊かな6つの温泉から形成されている。
国道352号沿いに、奥只見シルバーラインの玄関口に位置する一軒宿の芋川温泉と折立温泉、開湯800年の歴史をもつ温泉郷内最大規模の大湯温泉、子宝の湯・栃尾又温泉、駒ヶ岳麓に湧く駒の湯温泉、奥只見湖に最も近い銀山平温泉などが点在している。


名称 湯之谷温泉郷 / ゆのたに
周辺の宿・旅館
湯之谷温泉郷の温泉宿:一覧

泉質単純温泉、単純アルカリ温泉、単純ラジウム泉

効能リウマチ、神経障害、胃腸病など

アクセスJR小出駅から南越後観光バス栃尾又行き大湯温泉まで約27分、終点まで31分

関越道小出ICから国道352号経由7~19km

エリア湯之谷温泉郷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!