関温泉(妙高高原) || 温泉ガイド

関温泉(妙高高原)は妙高山の東麓に位置する、弘法大師が発見したと伝えられる歴史ある名湯。戦国時代には「関山の湯」として上杉謙信の隠し湯であったことが知られる名湯。
温泉街には昔ながらの湯治場の雰囲気を残す10数軒の宿が建ち並ぶ。周辺にはスノーボーダーの聖地として有名な「関温泉スキー場」があり、毎年多くのスノーボーダーやスキーヤーが訪れる。


名称 関温泉(妙高高原) / せき
周辺の宿・旅館
関温泉(妙高高原)の温泉宿:一覧

泉質含鉄食塩泉

効能神経痛・皮膚病・胃腸病・アレルギー

アクセスJR関山駅からバス15分

上信越道妙高高原ICから15km20分

エリア上越・糸魚川・妙高   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!