越後湯沢温泉 || 温泉ガイド

越後湯沢温泉は南魚沼郡湯沢町に位置する、川端康成の小説「雪国」の舞台として知られてる開湯800年の歴史をもつ温泉。雪深い静かな温泉地だったのを一躍全国的に有名にしたのが「雪国」で、現在も川端康成が執筆した部屋が保存され公開されている。
首都圏から気軽に行けるスキーリゾート地として多くのスキーヤーが訪れる。また日本一と言われる魚沼産コシヒカリの産地でおいしいお米と地酒が楽しめる。


名称 越後湯沢温泉 / えちごゆざわ
周辺の宿・旅館
越後湯沢温泉の温泉宿:一覧

泉質弱アルカリ性単純温泉、ナトリウム-カルシウム・塩化物泉

効能筋肉痛、神経痛、疲労回復など

アクセスJR越後湯沢駅下車すぐ

関越道湯沢ICから国道17号経由2km

エリア湯沢・苗場   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 岩原観光温泉三国峠温泉 峠の湯貝掛温泉
温泉Q & A ピックアップ!