新湯温泉(奥塩原) || 温泉ガイド

新湯温泉は富士山山腹の標高約900mに位置する、塩原温泉郷の一つで温泉郷では珍しい白濁の硫黄泉が特徴の閑静な療養向けの温泉。江戸時代中期には湯治場として栄えた。
周辺には日本で最初にできた自然研究路「塩原自然研究路」があり、豊かな自然を満喫できる様々なハイキングコースが楽しめる。


名称 新湯温泉(奥塩原) / あらゆ
周辺の宿・旅館
新湯温泉(奥塩原)の温泉宿:一覧

泉質硫黄泉

効能リウマチ・胃腸病・神経痛・皮膚病

アクセスJR那須塩原駅からバス乗継1時間10分

東北道西那須野塩原ICから25km35分

エリア塩原温泉郷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!