川治温泉 || 温泉ガイド

川治温泉は男鹿川と鬼怒川が合流する峡谷に位置する、亨保8年に上流の五十里湖が決壊し洪水の被害に遭った時に偶然発見されたと伝えられる閑静な温泉。特に怪我に対する効能が高いとされ、古くから旅人の湯治の場として親しまれてきた。
少し足をのばせば巨大なダム「五十里ダム」や「川治ダム」、「龍王峡」には渓谷沿いに遊歩道があり渓流と自然の中の散策やトレッキングを楽しむことができる。


名称 川治温泉 / かわじ
周辺の宿・旅館
川治温泉の温泉宿:一覧

泉質弱アルカリ性単純温泉

効能神経痛、冷え性、くじきなど

アクセス野岩鉄道川治温泉駅下車、または川治湯元駅

日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由約26km

エリア鬼怒川・川治・湯西川・川俣   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 湯西川温泉鬼怒川温泉奥鬼怒温泉川俣温泉
温泉Q & A ピックアップ!