川俣温泉 || 温泉ガイド

川俣温泉は鬼怒川上流の深い渓間に位置する、噴泉橋から望む約50分間隔で白煙と湯柱を吹き上げる高さ約15mの間欠泉が自慢の温泉。平家が逃れ逃げて安住の地に選んだ隠れ郷を実感させる深山幽谷の雰囲気が漂う別天地である。
また山の狩猟民「またぎ」の伝統も残っており、今でも鹿や熊、山椒魚といった珍しい山の幸を味わうことができる。


名称 川俣温泉 / かわまた
周辺の宿・旅館
川俣温泉の温泉宿:一覧

泉質アルカリ性単純泉、硫黄泉など

効能神経痛、高血圧症、痔疾など

アクセス東武鬼怒川温泉駅から日光市営バス女夫淵温泉行きで1時間30分、バス停:噴泉橋下車

日光宇都宮道路日光ICから県道169号、霧降高原有料道路(積雪時は通行止め)、県道169号・23号経由48km

エリア鬼怒川・川治・湯西川・川俣   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 湯西川温泉川治温泉鬼怒川温泉奥鬼怒温泉
温泉Q & A ピックアップ!