養老渓谷温泉 || 温泉ガイド

養老渓谷温泉は養老渓谷沿いに位置する、大正3年に井戸から鉱泉が湧き出したのが始まりと伝えられる四季折々の渓谷美が自慢の千葉県を代表する温泉。ヨウ素を含んだ茶褐色の湯は肌がすべすべになると評判である。
周辺には房総随一とも言われる落差30m、長さ100mを誇る「粟又の滝」や切り込んだ岩肌と樹木に包まれた「養老渓谷」などがあり豊かな自然を満喫できる。また関東地方で最も遅い紅葉で知られ、特に晩秋にはハイカーで賑わいを見せる。


名称 養老渓谷温泉 / ようろうけいこく
周辺の宿・旅館
養老渓谷温泉の温泉宿:一覧

泉質含沃素重曹食塩泉など

効能神経痛、打撲、リウマチなど

アクセス小湊鉄道養老渓谷駅下車

館山道市原ICから国道297号、県道81号経由36km

エリア勝浦・鴨川   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 勝浦温泉鴨川温泉天津小湊温泉鵜原温泉
温泉Q & A ピックアップ!