猫啼温泉 || 温泉ガイド

猫啼温泉は今出川のほとりに位置する、平安中期の女流歌人・和泉式部誕生の地として知られ東北でも有数のラジウム含有量を誇る豊かな山々に囲まれた閑静な温泉。
周辺には式部が湧き出る泉水で髪を梳いた際に櫛を置いたとされる「櫛上げの石」や産湯を浴びたとされる湧き水「小和清水」など式部にまつわる史跡が数多くある。


名称 猫啼温泉 / ねこなき

泉質単純弱放射能冷鉱泉

効能高血圧症、痔疾、動脈硬化症

アクセスJR磐城石川駅下車

東北道矢吹ICからあぶくま高原道路、国道118号経由15km

エリア白河   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!