裏磐梯の温泉 || 温泉ガイド

裏磐梯の温泉は裏磐梯高原と喜多方の中間に位置する、江戸時代には温泉から採れた塩が会津藩の御用塩として使われていたと伝えられる、塩分を多く含んだ湯が特徴の1000年以上の歴史を誇る温泉。
桧原湖や五色沼めぐりなど、猫魔ケ岳の火口跡にできた湿原・雄国沼の観光の拠点として多くの人々に利用されている。春から夏には水芭蕉、レンゲツツジなど約280種類の高山植物を楽しむことができる。


名称 裏磐梯の温泉 / うらばんだい
周辺の宿・旅館
裏磐梯の温泉の温泉宿:一覧

泉質硫酸塩・塩化物温泉

効能 神経痛、筋肉痛、五十肩など

アクセスJR猪苗代駅から磐梯東都バス裏磐梯ロイヤルホテル行きで22分、終点下車(五色温泉)。グランデコは猪苗代駅から車で40分(送迎あり

磐越道猪苗代磐梯高原ICから国道115号・459号経由20km

エリア裏磐梯・磐梯高原   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉: 裏磐梯五色沼温泉磐梯宝温泉早稲沢温泉
温泉Q & A ピックアップ!