白布温泉 || 温泉ガイド

白布温泉は吾妻山の標高900mの山峡に位置する、蔵王、信夫高湯と並んで「奥州3高湯」の一つと称される名湯。かつては米沢藩士たちが保養地として利用したとされ、今も街には藩政時代の名残りが見られる。
温泉街には昔ながらの茅葺き屋根の宿や和風旅館などが建ち並び、いっそう山里の湯治場風情が漂う。秘境的な趣ある雰囲気に全国から多くの観光客、オートバイでのツーリング客、また冬場にはスキー客で賑わう。


名称 白布温泉 / しらぶ
周辺の宿・旅館
白布温泉の温泉宿:一覧

泉質硫黄泉

効能慢性呼吸器病、皮ふ病、胃腸病

アクセスJR米沢駅から山交バス白布湯元行きで38~41分、バス停:白布温泉、バス停:白布湯元などで下車

東北道福島飯坂ICから国道13号・121号、県道2号経由40km

エリア米沢・白布・赤湯温泉   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!