男鹿温泉 || 温泉ガイド

男鹿温泉は奇習なまはげの里として知られる男鹿半島の北側に位置する、坂上田村麻呂が東征の際に発見したと伝えられる歴史ある温泉。純弱炭酸食塩泉の湯で肌に付いた食塩が汗の蒸発を防ぎ保温効果が続くことから「熱の湯」とも呼ばれている。
名物の新鮮な魚介類などを桶に入れ、その中に真っ赤に焼けた石を投げ込んで瞬時に煮込むという豪快な漁師料理「石焼き」が楽しめる。


名称 男鹿温泉 / おが
周辺の宿・旅館
男鹿温泉の温泉宿:一覧

泉質ナトリウム塩化物泉

効能神経痛、関節痛、慢性婦人病など

アクセスJR男鹿駅から秋田中央交通バス入道崎行きで48分、バス停:男鹿温泉中央などで下車

秋田道昭和男鹿半島ICから国道101号、なまはげライン経由40km

エリア男鹿半島・八郎潟   >> エリアの宿一覧

エリア内の温泉:
温泉Q & A ピックアップ!