東鳴子温泉 || 温泉ガイド

東鳴子温泉は大崎市に位置する、江戸時代に仙台藩主の御殿湯が置かれたとされるひなびた湯治場風情が漂う歴史ある名湯。東鳴子駅周辺の田中・新田中・赤湯・新赤湯の各源泉の総称して「東鳴子温泉」と呼ぶ。
古くから湯治場として開けたことから、自炊部や混浴浴場を有する旅館が多い。


名称 東鳴子温泉 / ひがしなるこ
周辺の宿・旅館
東鳴子温泉の温泉宿:一覧

泉質ナトリウム―炭酸水素塩・塩化物・硫化塩素

効能糖尿病、動脈硬化症、神経痛など

アクセスJR鳴子御殿湯駅下車

東北道古川ICから国道47号経由28km

エリア栗原・鳴子温泉郷   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!