大鰐温泉 || 温泉ガイド

大鰐温泉は平川沿いに位置する、約800年前に唐僧・円智上人によって発見されたと伝えられる古くから「津軽の奥座敷」として親しまれてきた開湯800年の歴史ある温泉。江戸時代には津軽藩主の湯治場として栄え、眼病を癒してきたとされる。
温泉街は昔ながらの共同浴場が建ち並ぶ中に近代的なホテルや旅館が混在しており、新旧の温泉情緒を合わせて楽しめる。また周辺には「大鰐温泉スキー場」があり、冬場には多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れる。


名称 大鰐温泉 / おおわに
周辺の宿・旅館
大鰐温泉の温泉宿:一覧

泉質硫酸塩泉

効能神経痛、慢性消化器病など

アクセスJR大鰐温泉駅下車

東北道大鰐弘前ICから国道7号経由6km

エリア弘前・中津軽・南津軽   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!