カルルス温泉(登別) || 温泉ガイド

カルルス温泉は来馬岳の山麓に位置する、ラジウムを豊富に含んだ泉質がチェコのカルロビ・バリー温泉と似ていることから名付けられた開湯明治19年の温泉。薬効がすばらしく道内最初の国民保養温泉地として指定され、湯治場として親しまれている。
周辺には「カルルス温泉サンライバスキー場」があり、冬はスキー客で賑わう。


名称 カルルス温泉(登別)
周辺の宿・旅館
カルルス温泉(登別)の温泉宿:一覧

泉質単純泉

効能胃腸病、神経痛、疲労回復など

アクセスJR登別駅から道南バス登別温泉行きで15分、登別温泉バスターミナル下車、道南バスカルルス行きに乗り換え20分、終点下車

道央道登別東ICから道道2号経由15km

エリア倶知安・洞爺・登別・千歳   >> エリアの宿一覧

温泉Q & A ピックアップ!